スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーノートの発掘史、及びBNLTベスト1は何か?その2

前回は
1975年発売のBNLA451-H2 チェンバース~コルトレーン『ハイ・ステップ』
に始まるカスクーナの第1期大発掘について触れましたが、
実はその前があります。

じゃ~ん
・前々史~4000番台末からBNLAの時代/デューク・ピアソン編

そう、マイケル・カスクーナの先代のブルーノート発掘者とは、
1960年代前半~70年代前半、アルフレッド・ライオンやフランク・ウルフを助けて
ブルーノート制作陣の一翼を担った
デューク・ピアソンその人であります。

この人だ。名ピアニストでもあった。
デビュー盤『プロフィール』と大傑作の誉高い『テンダー・フィーリンズ』。
 ↓
プロフィールプロフィール
(2007/12/26)
デューク・ピアソン

商品詳細を見る
テンダー・フィーリンズテンダー・フィーリンズ
(2007/08/22)
デューク・ピアソン

商品詳細を見る

そして名作曲家/アレンジャーでもあった。
「スイート・ハニー・ビー」は絶対聴いてほしいぞ。
スイート・ハニー・ビースイート・ハニー・ビー
(2009/06/10)
デューク・ピアソン

商品詳細を見る

同曲の初演を収録したリー・モーガン『カリスマ』はピアソンが制作。
カリスマカリスマ
(2008/12/26)
シダー・ウォルトン、ジャッキー・マクリーン 他

商品詳細を見る

というわけで
先代発掘者ピアソンとカスクーナの最大の違いの答は、
「自分で作ったものを自分で発掘する」でした。
他の答の方はボッシュート!って、そんな質問してないけどね。

で、ピアソン発掘盤の最初の成果は何かというと、

じゃーん、
ハービー・ハンコック参加のグラント・グリーン『ゴーイン・ウェスト』。
ゴーイン・ウェストゴーイン・ウェスト
(2006/03/23)
グラント・グリーン

商品詳細を見る

フィーリン・ザ・スピリット+1フィーリン・ザ・スピリット+1
(2008/08/20)
グラント・グリーン

商品詳細を見る

↑名盤『フィーリン・ザ・スピリット』(4132)以来の名コンビである。
といったって、『ゴーイン・ウェスト』(4310)の方が
録音3週間早いんだけどね。

『ゴーイン・ウェスト』は1962年11月30日録音、発売は多分1969年のどこか。
7年近く眠っていたのだ。
直後に録音されたスピリチュアル集『フィーリン~』に席を譲ったものであろう。

『ゴーイン~』はカントリー集だしな、
それはグリーンといえばスピリチュアル集が似つかわしいに違いないであろう。
しかし『ゴーイン~』も劣らぬ名演、名盤である。

実はグリーンはこのころから
ピアソン制作でいろいろなことをやっていて、
必ずしもソウルフル!なばかりではないのだ。

例えば『アイドル・モーメンツ』(4154)では
新主流派勢のジョーヘンやボビー・ハッチャーソンと一緒に
いい感じでMJQの「ジャンゴ」やっとるぞ。
アイドル・モーメンツ+2アイドル・モーメンツ+2
(2007/12/26)
グラント・グリーン

商品詳細を見る


70年の『グリーン・イズ・ビューティフル』(4342)では
ビートルズ「ア・デイ・インザ・ライフ」(いいよ!)やバート・バカラックやってるし、
グリーン・イズ・ビューティフルグリーン・イズ・ビューティフル
(2010/04/21)
グラント・グリーン

商品詳細を見る

71年の『ヴィジョンズ』(4373)では
モーツァルトの40番(おもしろいよ!)やってるしな。
ヴィジョンズヴィジョンズ
(2009/09/16)
グラント・グリーン

商品詳細を見る


まあ、早くからグリーンの多才を理解していたピアソンとしては、
棚上げになっていた名演を
「ハンコックも今や人気だし」といって棚から下ろしてきたものなのでしょう『ゴーイン・ウェスト』。

さらにこの後、ピアソンは自作も発掘しています。
BNLA317-G『イット・クッド・ハプン・ウィズ・ユー』は
みずからピアノとアレンジを手掛ける5管+ヴォーカルのブラジリアンな大コンボ。
こちらは1970年2月と4月録音で、発売が74年後半と思われるので、
4年半のお眠み。

しかし、
本日ワタシが声を大にしていいたいのは、
こういう中途半端な発掘盤ではありません。

それは1975年前後、
当時のブルーノートがようわけのわからん暗い柄のジャケットで出していた
2枚組のベスト盤シリーズの1枚
BNLA394-H2 『スタンリー・タレンタイン』なのだっ!

ちなみにこのシリーズを列挙しておくと(えらそうにいうなよ)、

356-H2『フレディ・ハバード』
392-H2『サド・ジョーンズ~メル・ルイス』(ソリッド・ステート原盤)
393-H2『デクスター・ゴードン』
394-H2『タレンタイン』
395-H2『チック・コリア』(ソリッド・ステート原盤含む)
399-H2『ハービー・ハンコック』
400-H2『ジミー・スミス』
401-H2『ソニー・ロリンズ』
402-H2『ホレス・シルヴァー』

ふーん。ブレイキーないのかよ、というような問題は別として、
これがあの、
すべてのジャズ・レコード・ファンから黙殺され、
鍋敷きにもならぬかと思われた暗~く奇妙なジャケのベスト盤シリーズのすべてだ。

しかしこの中に
監修者デューク・ピアソンによってそっと紛れ込まされた
『スタンリー・タレンタイン』が、
ブルーノート最初の本格的発掘盤であったとは誰が知るであろう?

2枚組のうち1枚がベストの選曲、
もう1枚にピアソンが制作した67年2月と6月の未発表セッションから
3曲ずつが収められているのだ。

思うにこれらのセッションをベスト盤中に紛れ込ませようとをたくらんだピアソンは、
発覚を恐れてシリーズをなるべく変てこで目立たぬものに仕立て上げたのではないか。
(そんなわけないだろ)
いずれも5,6管の大編成コンボで演奏は素晴らしく、
ピアソンの企てもわからぬではない。(違うって)

さて、
ここで場面はカスクーナへと移る。
ブルーノートの倉庫への出入りを許される直前の頃だったが、
カスクーナだけはピアソンの意図を正しく感知し、
この驚くべき発掘盤を手にこう考えた。

「これらの未発表セッションは素晴らしい。しかしそれぞれに未発表曲が残っている」

この数年後の成果が、
2セッションの未発表曲のみをまとめた
BNLT993 タレンタイン『ニュー・タイム・シャッフル』なのだ。

その後のCDの時代、
これら2セッションはそれぞれ完全化されて、
『ア・ブルーイッシュ・バッグ』(見たことないかも)
『リターン・オブ・ザ・プロディガル・サン』(写真)
という2枚のCDになった。
Return of the Prodigal SonReturn of the Prodigal Son
(2008/04/16)
Stanley Turrentine

商品詳細を見る


そして今年、
ついにこれら2セッションは、
本来未発表セッションの未発表曲集だった
BNLT盤の方を完全化する形で一体化されました。
ニュー・タイム・シャッフル+6ニュー・タイム・シャッフル+6
(2012/07/25)
スタンリー・タレンタイン

商品詳細を見る


つまり
ピアソン~カスクーナというブルーノート発掘男二人が、
リリース物を通じてのみ会話して30年越しで完成した作品というわけですから、

今回のBNLT33タイトル中これがベスト1である、
とワタシが言っても文句はないであろう。(もともとないって)
そもそも
1曲目R&Bのカバーの「リターン・オブ・ザ・プロディガル・サン」
がめっちゃクール!なんだよね。
聴いて下さいね!















スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ブルーノートの発掘史、およびBNLTベスト1は何か?その1

ソニック・ブームソニック・ブーム
(2012/07/25)
リー・モーガン

商品詳細を見る

現在(7~9月)、全33タイトルの「完全CD化」が進行中の
ブルーノートBNLT(999)シリーズは、
マイケル・カスクーナによる1979~80年の大発掘ですが、

ブルーノートの(眠れるマスター・テープの)発掘史には、
その前史、さらに前々史、
さらにそれより以前のいわば曙光期があります。

・前史~BNLAの時代

マイケル・カスクーナ最初の発掘。
BNLA451-H2
ポール・チェンバース~ジョン・コルトレーン『ハイ・ステップ』
に始まり
BNLA883-J2
スタンリー・タレンタイン『ジュビリー・シャウツ』
に終わる番号飛び飛びのシリーズで、

ベージュのブルーノート・りイシュー・シリーズと
茶色のブルーノート・ジャズ・クラシック・シリーズの2通りがあります。
ただしパシフィック・ジャズ原盤も多数。
一部UA原盤や、
アート・ペッパーのアラジン系(イントロ~ジャズ・ウエス)原盤
チック・コリアのソリッド・ステート原盤、
セシル・テイラーのトランジション原盤の再発も含まれます。

超幻のトランジションは1957年の倒産時、
ブルーノートのアルフレッド・ライオンが原盤を買い取りましたが(一部例外あり)、
アルフレッドはBLP1584『ヒア・カムズ・ルイ・スミス』を発売したことを除いて、
いっさい手を付けませんでした。

ヒア・カムズヒア・カムズ
(2008/06/25)
ルイ・スミス

商品詳細を見る

↑これは実はトム・ウィルソン・プロデュースのトランジション原盤だ!
トムは後にボブ・ディランのエレクトリック・バンドや
フランク・ザッパのマザーズ・オブ・インヴェンションをプロデュースする。

ジャズ・アドヴァンスジャズ・アドヴァンス
(2010/09/22)
セシル・テイラー

商品詳細を見る

↑幻の名盤の代名詞だったセシル・テイラー『ジャズ・アドヴァンス』
これもトム・ウィルソンのトランジション原盤。
凄いアルバムだが今なら(まだ)999円で手に入る。

ブルーノートは1865年、時代に君臨する巨人となっていたセシル・テイラーと契約しましたが、
55年の初録音『ジャズ・アドヴァンス』を再発することはありませんでした。

カスクーナのリイシュー・シリーズで
BNLA458-H2 セシル・テイラー『イン・トランジション』が1975年に世に出るまで、
権利の所在不明、マスター・テープ喪失、と伝えられていたものです。

さて、
なんでこんなにトランジションにこだわっているかというと、
カスクーナ最初の発掘作品、上記のチェンバース~コルトレーン『ハイ・ステップ』が
驚きのトランジション原盤(⇒ブルーノート)を含むものだったからです。

『ハイ・ステップ』は以下の3セッション中のコルトレーン参加曲を収録
①ジャズ・ウェスト原盤『チェンバース・ミュージック』56年3月録音
②トランジション原盤『ペッパー・アダムス・ウィズ・カーティス・フラー』56年4月録音
③ブルーノート原盤『ウィムス・オブ・チェンバース』56年9月録音

素晴らしい構成ではないか。
しかも(①,③は既発売のレア盤ですが)
②はトランジションのサンプラー(TRLP30)に収められていた1曲を除く2曲は未発表。
TRLP8として発売される予定だったセッションからのものです。
(この3曲以外の録音が未発見なので単独アルバム化できませんが)

しかし
プレスティッジとの契約の隙間を縫うようにしてまで
BLP1577 コルトレーン『ブルートレイン』を録音したブルーノートが、
なぜこんなマスターを所有しながら放置したのであろーか?

以後、BNLAの2枚組発掘シリーズのブルーノート原盤だけ並べると、
(BNLA)
453-H2 サム・リヴァーズ『インヴォルーション』未発表のBLP4233,4261収録
457-H2 ジャッキー・マクリーン『ジャックナイフ』未発表の4223,4236収録
459-H2 アンドリュー・ヒル『ワン・フォー・ワン』
460-H2 マッコイ・タイナー『コスモス』マッコイのブルーノート最終セッション(70年7月)収録
473-J2 アート・ブレイキー『ライヴ・メッセンジャーズ』1521/22『バードランドの夜』の未発表曲収録。UA原盤を含む。
474-H2 ホレス・シルヴァー『トリオ・サイズ』全トリオ録音を収録。見発表に非ず。
475-H2 ソニー・ロリンズ『モア・フロム・ザ・ヴァンガード』BLP1581『ヴァンガードの夜』の全未発表録音をまとめた驚異の発掘・
483-H2 ジャッキー・マクリーン『ヒプノシス』BLP4116を含む未発表2セッション。
485-H2 ハービー・ニコルズ『ザ・サード・ワールド』ニコルズの稀少な発表済全録音。
488-H2 ブッカー・アーヴィン『バック・フロム・ザ・ギグ』ホレス・パーランの4134『ハッピー・フレイム・オブ・マインド』ついに初登場、及びアーヴィンの未発表4314。
ハッピー・フレイム・オブ・マインドハッピー・フレイム・オブ・マインド
(2009/09/16)
ホレス・パーラン

商品詳細を見る

496-H2 フレディ・ハバード『ヒア・トゥ・ステイ』既発売4073『ハブ・キャップ』と未発表4135。
506-H2 エルヴィン・ジョーンズ『ザ・プライム・エレメント』69年、73年の未発表セッション。
507-H2 ファッツ・ナヴァロ『プライム・ソース』ナヴァロ関係を集成。未発表に非ず。
521-H2 グリフィン、コルトレーン、モブレー『ブローイン・セッションズ』既発の1549,1559をカプリング。
579-H2 セロニアス・モンク『ザ・コンプリート・ジーニアス』未発表を含めて集大成
582-J2 リー・モーガン『ザ・プロクラスティネイター』67年と69年の未発表セッション。
590-H2 ミルト・ジャクソン『オール・スター・バグス』未発表を加えて集大成。UA原盤を含む。
883-J2 スタンリー・タレンタイン『ジュビリー・シャウツ』未発表のBLP4065と4122収録。

基本、
レコード番号(とタイトル、時にはジャケットも)決定しながら
未発表におかれていた作品が優先的に発売されています。

(次回に続く)


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

南の島の海と魚と牛と桟橋とカベルナリア吉田のこと

2年ぶりに黒島の仲本海岸に行きました。
石垣島から船で30分、
そのあと港でママチャリ(1日1000円)を借りて15分緩い坂を上って下りると海岸なのだ。

今年もちゃんとカクレクマノミと会うことができた。
しかも3匹になっていた。
子供ができたのだ。ニモだ。

ってもちろん別の一家に違いありませんが、
カクレクマノミは決まったイソギンチャクに定住していて移動しないし、
しかもめったにいないので、

たまに出会うと、
やあ、また会ったねという気分になってしまうのだ。
めったにいないけれど、オレンジに白黒の縞だから一度みつけるとよく目立つしね。

仲本海岸が14時で遊泳禁止になったので、
前回行きそこなった伊古桟橋に行ってみることにする。
伊古桟橋は今は使われなくなったムカシの桟橋で、
海中に300メートルも突き出しているというのだ。

結論から言うと、
ここへ行くのにめちゃくちゃ道に迷ってしまった。
島の反対側の海岸だが距離は2キロメートルほどなのに。

一本道ばかりなので油断していたが、
実は島の中央部には業務用の行き止まりの道が多いのだ。

地図はないし、道を尋ねるにもいるのは牛ばかり。
人口は200人強だが、
牛はその15倍いるのだ。

もー結構、牛ばかりなり迷い道(静犬)

日陰もないし、
サドルの上がらないママチャリを三輪車みたいにこぎながら、
一瞬熱中症でやばいかと思ったぜ。

これがよーやく着いた伊古桟橋だ。
な、長い。
 ↓
(島側から)
桟橋1

(突端から)
桟橋2


結局予定していた帰りの船に乗り遅れ、
次の船を1時間以上待つ間に
手持ちの『沖縄・離島情報』を初めて隅々まで読みましたが、
沖縄・離島情報2012-13コンパクト版沖縄・離島情報2012-13コンパクト版
(2012/07/20)
不明

商品詳細を見る


トップ・ライターと思われる
カベルナリア吉田という人がとても面白いことを発見した。
大東島に行ったり、沖縄の田舎の宿を泊まり歩いたり
沖縄の自由の女神を数えて歩いたりしているのだ。

趣味のジャンルにはいろいろな人が居るものである。

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

雑木林進&ぽぽぱんち

Author:雑木林進&ぽぽぱんち
日々の旅人とその番犬たち。
1986年、ジャズ批評誌掲載の「50年代はなぜエライ」「『ジャズ大名』におけるジャズ・フェスティバルの生成」などでスルドくデビュー。2010年より、同誌に編集部新着本全紹介「ジャズは手に取って読め!」連載開始。新ジャズ雑誌「ジャズジャパン」創刊号(2010年8月)より、古今東西ジャズ本紹介「ジャズは本棚に在り」連載開始。
aka 行方均(レコード制作者)
最近の一句;
本積んで/読み齧る人/齧る犬
墨東の/タワーひとりで/たけくらべ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日めくりカレンダー 水玉
くろねこ時計
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
予約宿名人
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
ブログ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。