スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クリケットの星」飛雄馬とようやく公開「路上~オン・ザ・ロード」

朝日の朝刊に「インドの星、逆輸入」という記事を見つけました。
 
「インドでテレビ放映されたアニメ『巨人の星』のクリケット版が、
日本へ逆輸入されることになった」のだ。8月1日から週1ニコ動。

キネ旬の掛尾良夫さんの本で知って以来気になっていたのですが、
(そして以下のような書評を正月に書いたりもしたのですが)

そーかインドでしっかり活躍していたのだ「クリケットの星」飛雄馬。
どーなったのかと思っていたぞ。

そーいえばこれもずっと気になっていた
ケルアック原作コッポラ製作の『オン・ザ・ロード』(ウォルター・サレス監督)
もようやく日本公開されるらしい。(8月30日より東宝系)

ジャズも(当然)流れているようだが、
どの程度使われているのか。

本当ならジョージ・シアリング使わなければいかんのだが。
あと小説に出てくるのは
デクスター・ゴードン~ワーデル・グレイの「ザ・ハント」とか。
寝室でバップ盤(後にサヴォイ)のSP聴きながら
サルとディーンが女の子メリールウの放り投げっこするのだ。

まさかそんなシーンはないと思うが。
映画館行かないとね!
オン・ザ・ロード (河出文庫)オン・ザ・ロード (河出文庫)
(2010/06/04)
ジャック・ケルアック

商品詳細を見る


 
日本映画の世界進出日本映画の世界進出
(2012/11/17)
掛尾良夫

商品詳細を見る

① 『日本映画の世界進出』
掛尾良夫著
(キネマ旬報社/¥2000+税/2012年11月27日発行/310g/300p)

 海外の映画祭で日本映画が受賞というニュースの記憶はありますが、
世界的に大ヒットという話は聞きません。
 「『資本の要請』に応える方が映画祭で受賞するより難しい」

 しかし、例えば日本生まれのキャラたちは、
海外資本とはいえ時にその要請にこたえて大活躍しているではないか。
 「『ゴジラ』がハリウッドで映画化されると情報が入ったときは、多くの日本人は誇りに感じ、
(中略)まさにダルビッシュをメジャー・リーグに送り出した時のような気分だった」

 しかしそのゴジラは象徴化された神聖なる存在ではなく、突然変異の生物でしかなかった。
 「ファンはガッカリをこえて憤慨」した。
 『ATOM』も『DRAGONBALL REVOLUTION』も、故郷の「日本での評判は最悪だった」

 しかし「ここで、アイツらは分かっていないと思考を停止してしまえば前へ進まない」。
 海外の「嗜好を理解し、その差異を理解することが今後の前進につながると思う」

 そういうローカライズのひとつとして
「講談社がインドで『巨人の星』をクリケットに置き換えてアニメーションにする」らしい。
「2012年秋には放送予定」ということは、もうインドでクリケットの赤い球投げているのか飛雄馬?飛雄馬の活躍次第では、今後わが国のスポ根ヒーローやヒロインの魔球や秘技が世界を席巻するであろう。

 (「ジャズ批評」誌172号/2013年3月号「ジャズは手に取って読め!」第20回より)

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ジャズ100年の100曲OAリスト

ジャズ100年の100曲その1 7/17/2013深夜OA

26時台:ジャズ歴史的名曲  

まず超人気曲3曲

M1 A列車で行こう/デューク・エリントン(RCA) 2:55
エリントン自身によって数多く録音されていますが1941/2/15の初スタジオ録音。
ベスト盤より。(SP時代だからアルバムはありません) 

M2 ラウンド・ミッドナイト/マイルス・デイヴィス(Prestige)  5:27
作曲者セロニアス・モンクのみならずジャズ曲史上最多数の録音がありますが、
コルトレーンの命日(67年7月17日没)だし、
コルトレーンを広く紹介したマイルスのファースト・クインテットの名演。
56/10/26録音。アルバムは『マイルス・デイヴィス&ざ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ』

M3 ワルツ・フォー・デビー/ビル・エヴァンス・トリオ(Riverside) 6:56
超人気曲の割にカヴァーは少ない。
これより前にソロ・ピアノやカルテットのスタジオ録音もあるが
トリオによるこのライヴ版が決定的名演。
61/6/25ヴィレッジ・ヴァンガードにて録音。同名アルバムに収録。
ベースのスコット・ラファロは11日後(7月6日)に自動車事故で亡くなる。

続いてモダン・ジャズならではの名曲。こういう音楽は他では聴けない。

M4 サブコンシャス・リー/リー・コニッツ(Prestige) 2:50
49/1/11録音。名門プレスティッジのスタートを記録した超インテリな名曲。
同名アルバム(原題『リー・コニッツ&レニー・トリスターノ』)に収録。

M5 ウン・ポコ・ロコ/バド・パウエル(Blue Note)   4:46
ブルーノートの呪術的名曲。51/5/1録音。
ビートルズ世代でロック・ファンの僕は70年代にこの曲と出会い、
4分46秒の「トンネルを抜けると」世界が一変するようにジャズ・ファンになっていた
。M4の2分50秒にもそういう魔力はあると思う。
『ジ・アメイジング・バド・パウエルVol.1』に収録。

以上40~60年代に続いて以下70~90年代10年ごとの「やや私的名曲」。
60年代はあとでたっぷり。

M6 キャプテン・カリブ/アール・クルー(Blue Note) 5:23
フュージョンを謳歌した70年代ブルーノート(ニューノートを自称したBNLA時代)が生んだヒット曲。
フュージョンながらアコースティック・ギター。翌年リー・リトナーがエレキでカヴァーする。
76/7録音。アルバムは『リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ』

M7 ソング・フロム・ジ・オールド・カントリー/ドン・プーレン~ジョージ・アダムズ・カルテット
(Blue Note)
 8:15
86年スタートのマウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル・ウィズ・ブルーノートが生んだ大ヒット曲。
グループは87~89年連続来日し、この曲はフェスのテーマになった。
86/4録音。新生ブルーノートの『ブレイクスルー』に収録。

M8 ジャングラー/大西順子トリオ (Somethin' Else)  7:11
90年代の新しい邦人ジャズ・シーンの扉を開けた迫力の1曲。
92/9録音。アルバムはデビュー盤『WOW!』


26時台:ブルーノート名曲総選挙

(60年代ブルーノートちょい知られざる大名曲)

M9 ロイエ(『ボサノヴァ・ソウル・サンバ』より/アイク・ケベック(62/10)3:11
M10 オープン・セサミ/フレディ・ハバード(60)7:13
M11 アス・スリー/ホレス・パーラン(60) 4:35
M12 スイート・ハニー・ビー/デューク・ピアソン(1966) 4:57
M13 フライト・トゥ・ジョーダン/デューク・ジョーダン(60) 5:32
M14 チーズ・ケイク・デクスター・ゴードン(62) 6:30
M15 イエス・オア・ノー(『ジュジュ』より)/ウェイン・ショーター(64)6:38
(すべてBlue Note)
いずれも60年代ブルーノートが生んだ名曲ばかり。
知らなかったら聴いてみてください。
そしてブルーノート総選挙第2弾ヒット曲編(8月開始)に投票よろしくどうぞ。


27時台:ヴォーカル&スタンダードの名曲  

M16 バット・ノット・フォー・ミー/チェット・ベイカー (Pacific Jazz) 3:05
昔FM東京で聴いて、すぐ翌日レコード店に買いに行き「男だったのか」と思った。
ガーシュインのミュージカル曲の名ジャズヴォーカル。
54年録音。『チェット・ベイカー・シングス』より。

M17 ハロー・ドリー/ルイ・アームストロング (Kapp) 2:25
これもミュージカル曲。
64年、ビートルズの連続全米ナンバー1シングルの14週でストップしたが、
この時ルイ63歳(いまも最高齢ナンバー・ワン・シングル記録を保持)。
63暮録音。ベスト盤より

M18 イエスタデイ/リー・モーガン(Blue Note) 5:50
そのビートルズ66年の全米ナンバー1ヒット。
66年録音。『デライトフリー』より。

M19 明日に架ける橋/ジョージ・アダムス (Somethin' Else)7:20
サイモン&ガーファンクル70年の全米ナンバー・ワン・ヒットを
M7のジョージが「歌うように」カヴァー。
88年のゴスペル的名演。

ロックを続けてボブ・ディラン〈マイ・バック・ペイジズ〉のカヴァー
(キース・ジャレットのVortex盤68年のライヴ『サムホエア・ビフォー』より)
かける予定でしたが、時間の都合で残念ながらカット。
 
続いて異国から「輸入」したジャズ・ナンバー2曲。

M20 イパネマの娘/スタンゲッツ・~ジョアン&アストラッドジルベルト(Verve)5:23
62年ブラジル録音のボサノヴァ曲を翌年カヴァー録音、64年にシングル・ヒット。
アルバムは『ゲッツ~ジルベルト』

M21 月の砂漠/フレディ・ハバード~ウディ・ショウ (Blue Note)(85/11)8:07
日本から持ち帰ったのはジャズ・メッセンジャーズで来日したリー・モーガン、
66年ブルーノート『ランプローラー』に録音。
これは新生ブルーノートによるそのカヴァーで85/11録音、
86年第1回マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル・ウィズ・ブルーノートのテーマ曲。

(おやすみとさよならの名曲)
M22 バードランドの子守唄/クリス・コナー(Bethlehem) 2:25
52年ジョージ・シアリング作曲。じきに歌詞がついて名ヴォーカル曲が誕生。
その名唱中の名唱。53年録音。同名アルバムに収録。

M23 時は過ぐ/クリスチャン・ルグラン(eau) 3:51
サンジェルマン・デプレの作家で詩人で批評家でトランペッターでレコード制作者だった
ボリス・ヴィアン作の大名曲の大名演。1990年パリ録音。
歌はミシェルの姉、クリスチャン(2011年没)
長らく入手困難でしたが、
番組プレゼントした『サムシン・イン・ブルー』の、
やはりクロージングに収録。
サムシング・イン・ブルーサムシング・イン・ブルー
(2013/07/24)
オムニバス

商品詳細を見る


こんな感じで23曲。
ジャズ100年の100曲候補は300曲くらいはありそうです。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

「ジャズ100年の100曲その1」7月17日深夜「JFNビッグ・スペシャル」TokyoFM他全国ネット

ジャズ100年の100曲プロジェクトを知っていますか?

ODJB(オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド)による
史上最初のジャズ録音(1917年1月)からじきに100年。

Essential CollectionEssential Collection
(2006/06/20)
Original Dixieland Jazz Band

商品詳細を見る


といってもまだ3年ありますが、3年なんてあっという間です。
100周年の2017年には「100年の100曲」をしっかり選んで盛大にお祝いしようではないか、
といって最近始まったというか、最近僕が始めたのがこのプロジェクトなのです。

衛星ディジタルラジオ放送ミュージックバードの「プロファウンドリー・ブルー」という
主にブルーノートを特集する番組(毎週土日)で
先月(6月14日)
ディスクユニオン御茶ノ水の巨大ジャズ店舗ジャズ・トーキョーにおける
公開録音をしましたが、

この時テーマを「ジャズ100年の名曲」としてディスクユニオン関係者他
ゲストの方々に曲を選んでいただきました。

これが本プロジェクトの最初の公的な活動です。

今月2週(7月6日と13日)にわたって放送されたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
ゲストの方々の選曲は

ジャズ東京の生島店長が
・ティナ・ブルックスのブルーノート盤『バック・トゥ・ザ・トラックス』から〈ルビー・アンド・パール〉
・アーニー・ヘンリーのリヴァーサイド盤『プレゼンティング~』から〈風と共に去りぬ〉
ジャズ統括責任者の塙さんが
・ウェイン・ショーターのブルーノート盤『ナイト・ドリーマー』から〈ブラック・ナイル〉
・ジャズ・メッセンジャーズの同じく『ライク・サムワン・イン・ラヴ』から〈ジョニーズ・ブルー〉
DUブックスとテラシマ・レコード担当の坂本涼子さんが
・高柳昌行のTBM盤から〈サブコンシャス・リー〉。1949年プレスティッジ初録音のコニッツ~トリスターノのあの大名曲にこんなカヴァーがあったんですね。
クール・ジョジョ+4  COOL JOJOクール・ジョジョ+4 COOL JOJO
(2013/08/07)
高柳昌行セカンド・コンセプト

商品詳細を見る
オリジナルはワタシもイチオシの1曲。
サブコンシャス・リー+1サブコンシャス・リー+1
(2013/06/19)
リー・コニッツ

商品詳細を見る

たまたま休暇で遊びに来ていた銀座山野楽器ジャズ・フロア長の神尾さんは、
・買ったばかりのフレディ・グリーンのRCA盤(唯一のリーダー・アルバム)から〈星に願いを〉

とまあこういうA面トップやオリジナルをあえて外したかのプロフェッショナルな選曲で、
その場の聴衆(来店中のお客さんたち)の心胆を寒からしめたのでありました。

しかしこういう曲は「ジャズ100年の名曲」には間違いありませんが、
「ジャズ100年の100曲」中に入選するものでありましょうか?
まあ、人に歴史と音楽あり、ですから100年の100曲もいろいろかもしれませんが、
3年の時間が意見を淘汰し、いずれ主観を超越した歴史的100曲が残っていくことでしょう。

さて
本プロジェクトの次の活動ですが、

7月17日水曜深夜(18日木曜早朝)25時~28時、
東京FM他JFN系全国ネットの生放送「ビッグ・スペシャル」で
「ジャズ100年の100曲その1」
という特集をします。

選曲を虫食い算的にご紹介させていただきますと、

第1部 ジャズ歴史的名曲(25時~)
M1 〈A列車で行こう〉デューク・エリントン楽団 
‐オープニングはこれです。1941年2月RCAの初スタジオ録音版
M2 〈ラウンド・ミッドナイト〉マイルス・デイヴィス~ジョン・コルトレーン
‐何たってこの日(7月17日)はコルトレーンの命日です。コルトレーンの参加したかの「ファースト・クインテ ット」の名演。 
M3 〈サブコンシャス・リー〉リー・コニッツ~レニー・トリスターノ
‐上記プレスティッジの初録音。初めて聴くと驚く。
M4 〈ウン・ポコ・ロコ〉バド・パウエル・トリオ
‐ブルーノート5000⇒1500番台の名演。初めて聴くともっと驚く。M3といい、こういう音楽はジャズ以外の他の ジャンルでは絶対聴くことができないのでは。ともにポップ~ロックのシングル盤並の数分の演奏ですが、筋金 入りのロック・ファンが数分後にはジャズ・ファンになります。40年前の僕のことです。「ウン・ポコ・ロコ の4分46秒を抜けると自分はジャズ・ファンであった」
M5~M7は
1970,80,90年代それぞれの時代を代表というか象徴する3曲をプレイする予定です。ヒントだけ書いておきますが、
1970年代‐フュージョンの時代、しかし深夜だし他の曲との調和もあるので、過度に電化していないアコースティックでメローな名曲。
1980年代‐1986年マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル・ウィズ・ブルーノート開始。例年のスターとなった4人組のグループといえば?そしてフェスのテーマともなったヒット曲は?
1990年代‐ジャズ・ルネッサンス日本上陸。若き女流ピアニスト率いる日本人ばかりのトリオのこの一曲が、新しい邦人ジャズの時代の扉を開けました。
M1~M4が1940~50年代ですから、1960年代はどうなるの?ということになりますが、
それは第2部でたっぷりと。

第2部 ブルーノート名曲総選挙(26時~)
現在創立75周年記念ブルーノート総選挙の第1弾「アルバム編」(7月15日投票締切)
が開催されていますが、この結果を速報でご紹介しつつ、
第2弾「ヒット曲編」(7月19日投票開始)のご案内をしたいと思います。
ブルーノートに名曲ヒット曲数限りありませんが、
今回は
「名曲、あるいは大名曲、しかし(大)有名曲にはチョイ手前」
と思われる曲を選んでお届けしたいと思います。
すべて60年代ブルーノートより、こんな曲です。
M1 〈ロイエ〉アイク・ケベック
M2 〈オープン・セサミ〉フレディ・ハバード
M3 〈アス・スリー〉ホレス・パーラン・トリオ
M4 〈スイート・ハニー・ビー〉デューク・ピアソン
M5 〈フライト・トゥ・ジョーダン〉デューク・ジョーダン
いずれもよーく知っている曲でしたらごめんなさい。
さらにM6,M7の2曲予定。テナーサックスの二人の巨人の名曲です。

第3部 ヴォーカル&スタンダードの名曲(27~28時)
これまではすべてジャズのオリジナル曲のインストでしたが、
お休み前の1時間はヴォーカルとスタンダードです。
オープニングは軽快でロマンティックな
M1 〈バット・ノット・フォー・ミー〉チェット・ベイカー
これも「3分5秒で人をジャズ(ヴォーカル)ファンにする」力を持った1曲です。
最初にラジオで耳にした時、僕は「チェットって女性なの、男性なの?」
と迷いつつレコード店に走ったものです。
チェット・ベイカー・シングスチェット・ベイカー・シングス
(2010/09/22)
チェット・ベイカー

商品詳細を見る

中盤3曲はロック畑から生まれたスタンダードです。
M3 イエスタデイ (ビートルズ)
M4 明日に架ける橋 (サイモン&ガーファンクル)
M5 マイ・バック・ペイジズ (ボブ・ディラン⇒バーズ)
いずれもよく知られたナンバー(M5がやや通好みでしょうか?)ですが、
演奏しているのもよく知られたジャズの名手(M5がやや通好みでしょうか?)ばかり。
順にトランペッター、テナー・サックス奏者、ピアニストです。
誰でしょう?
クロージングはボリス・ヴィアン作の名曲
M9 〈時は過ぐ〉クリスチャン・ルグラン&モリス・ヴァンデール・トリオ
の予定。歌っているクリスチャンはミシェル・ルグランの実姉です。

ヴィアンは作家で詩人でトランペッターでこんないい曲も書くのです。
80年代前半の『パリの夢~ボリス・ヴィアンに捧ぐ』(eau)というアルバムに収めましたが、
いくつかの理由で長らく廃盤です。

この度(7月~9月)、
1980~90年代の新生ブルーノート~サムシンエルス原盤40タイトルを高音質CD化するにあたって
両レーベルからコンピレーションCD『サムシン・イン・ブルー』を編みましたが、
この2時間半を超える2枚組CDセットのクロージングも〈時は過ぐ〉にしました。
番組最後までお付き合いいただけない方も、ぜひお手に取ってみてください。
本当に心に沁みるいい曲です。
サムシング・イン・ブルーサムシング・イン・ブルー
(2013/07/24)
オムニバス

商品詳細を見る

〈時は過ぐ〉を含めてCDは80~90年代の全25曲を収録。
これらもまた、「ジャズ100年の100曲」の候補となるべきナンバーばかりです。
ちなみに番組とも何曲か重なります。

長くなりました。
それでは、
17日の深夜、お付き合いいただけましたら嬉しいです。

(行方均記)


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

雑木林進&ぽぽぱんち

Author:雑木林進&ぽぽぱんち
日々の旅人とその番犬たち。
1986年、ジャズ批評誌掲載の「50年代はなぜエライ」「『ジャズ大名』におけるジャズ・フェスティバルの生成」などでスルドくデビュー。2010年より、同誌に編集部新着本全紹介「ジャズは手に取って読め!」連載開始。新ジャズ雑誌「ジャズジャパン」創刊号(2010年8月)より、古今東西ジャズ本紹介「ジャズは本棚に在り」連載開始。
aka 行方均(レコード制作者)
最近の一句;
本積んで/読み齧る人/齧る犬
墨東の/タワーひとりで/たけくらべ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
日めくりカレンダー 水玉
くろねこ時計
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
予約宿名人
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
ブログ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。