FC2ブログ

ディスクユニオンの巨大ジャズ店舗開店と驚きでとほほなクラシック・ジャズLP大放出

ディスクユニオンが本日26日お茶の水に開店した
巨大ジャズ店舗「JAZZ TOKYO」に出かけました。

おお、隅から隅までジャズのCDとLPとDVDとビデオと書籍ばかりではないか。
こんなの世界のどこでも見たことないぞ。

棚の上の壁は、ぐるりとブルーノート4000番台のパネルが
何と番号順に並んでいる。

というわけで、
ここは世界史上最大のジャズ・レコード店なんだそうです。
ジャズ専門の店舗としては、きっと絶対そうだと思う。

CDコーナーで必要な資料
(ブルーノート1500番台のジミー・スミスのジャム・セッション5作とか)
を手に入れた後、LPのコーナーに移ったら、
ジャズ評論家で大コレクターの佐藤秀樹さんにお会いしました。

「クラシック・ジャズのいいものがたくさん安く出ていますね!」

といわれてチェックしたクラシック・ジャズ(モダン以前スイングまで)のコーナー、
いわれなくてもだんだんチェックしていたと思うけれど、
驚きの出物だらけでした。

RCAの『ライオネル・ハンプトン・オールスター・セッションズ』6枚組や、
CBSのジャック・ティーガーデン『キング・オブ・ザ・ブルース・トロンボーン』3枚組が、
何と驚きのウン百円だ!

ムカシあんなにお金貯めて買ったのにね。とほほ。
しかも状態は家のよりいい。
ダブって持っていたっていい内容の全集だ。

ほとんど買いかけたのをガマンしたのは、
金はあるけど場所がないからである、って威張るなよな。
結局何を買ったかというと、以下の5枚である、って威張るなよな。

(以下、購入決断順)

1.ビリー・ホリデイ他『トラべりン・ライト~キャピトル名演大発掘』
(東芝EMI/キャピトルECJ50077)オビ付き

2.バド・フリーマン~アート・ホ―ディス『ウィンディ・シティ・ジャズ』
(ビクター/MCA-3082)オビ付き

3.『ベニー・グッドマン物語』
(東芝電機/キャピトルOLP-13)10インチ盤

4.スタン・ケントン楽団『ポートレイト・オン・スタンダーズ』
(東芝EMI/キャピトルECJ40031)オビ付き追悼盤
クラシック・ジャズじゃないけど。隣のビッグバンドのコーナーにあった。

5.コールマン・ホ―キンス『ハイ・アンド・マイティ・ホーク』
(キング/ロンドン~フェルステッドLAX3090)オビなし100円!

1と4はムカシの自分との再会であります。
1の監修と解説は粟村政昭さんだ。
4はケントンが亡くなった1979年(8月25日)に、
何かやらねばと思ってムリヤリ発売したのを、これを見て思い出しました。
「追悼盤」のオビがついている。
享年67歳。若かったのだ。

IMG_0007.jpg


2はブルーノートでおなじみピアニスト兼評論家アート・ホ―ディスの、
ブルーノート以前のデッカ録音(1942年)4曲収録。
ホーディス・ファンの油井正一さんの解説だし、これは絶対買い。

3はオリジナルのジャケットデザインはどーなっていたのか、
気になっていたアルバムの、日本初出盤。
東芝音楽工業ではなく東京芝浦電気盤で、解説は野川香文、当時の定価は1000円。

5はホークのオリジナルLP録音を気にすべき用事がこの後控えていたので。
(この用事の件についても近々書くと思います)

以上、充実の5枚ではないか。
しかし、驚きの鑑定結果がこの後に!
といっても値札で買っただけなんですが、

「1000円です」、お姉さんさんがいう。
私は悪事を咎められたかのように慌ててクレジットカードを引っ込め
1000円札を財布から取り出す。
というシーンが展開されたのでした。

安過ぎないかクラシック・ジャズのLP。
買う人減っているんだろうなあ。
伝える人もいないし。

だからこのささやかなブログで
大声で言っておきたい。

明日(もう今日ですね)いちばんで「JAZZ TOKYO」に行って
ライオネル・ハンプトンのオールスターズの6枚組ウン百円を買うべし。
残ってたらだけど。

家に帰ったら迷わず3枚目A面8曲目の
「スイートハーツ・オン・パレード」に針を落とすべし。

ハンプのヴォーカルとヴァイブにチュー・ベリーのサックスが絡む。
これを聴いたら他のすべてのトラックを聴きたくなります。

もっともっとチュー・ベリーを聴きたくなります。
チュー・ベリーの編集盤や発掘盤LPもいっぱいあったぞ。
とほほな値段で。

やっぱ明日も行こうかなJAZZ TOKYO。





スポンサーサイト



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑木林進&ぽぽぱんち

Author:雑木林進&ぽぽぱんち
日々の旅人とその番犬たち。
1986年、ジャズ批評誌掲載の「50年代はなぜエライ」「『ジャズ大名』におけるジャズ・フェスティバルの生成」などでスルドくデビュー。2010年より、同誌に編集部新着本全紹介「ジャズは手に取って読め!」連載開始。新ジャズ雑誌「ジャズジャパン」創刊号(2010年8月)より、古今東西ジャズ本紹介「ジャズは本棚に在り」連載開始。
aka 行方均(レコード制作者)
最近の一句;
本積んで/読み齧る人/齧る犬
墨東の/タワーひとりで/たけくらべ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日めくりカレンダー 水玉
くろねこ時計
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
予約宿名人
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
ブログ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード