スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホレス・シルヴァー新クインテット第一作『シルヴァーズ・ブルー』と日本最初のモダンジャズ小説石原慎太郎『ファンキー・ジャンプ』

ホレス・シルヴァーが
あの時代(1950~60年代のハードバップ~ファンキーの時代)に
唯一ブルーノート以外のレーベルに残したリーダー・アルバム

『シルヴァーズ・ブルー』(エピック)1956年
Silver's BlueSilver's Blue
(2006/03/31)
Horace Silver

商品詳細を見る


めちゃ久々に聴いていますが、
というのもこれがジャズ・メッセンジャーズ(JM)脱退後の
最初のホレス・シルヴァー・クインテットなので。

初代(第1期)JM最後の録音
『ザ・ジャズ・メッセンジャーズ』(CBS)1956年5月4日
ドナルド・バード(tp)、ハンク・モブレー(ts)シルヴァー(p)、
ダグ・ワトキンス(b)、アート・ブレイキー(ds)

の2か月後で、
『シルヴァーズ・ブルー』ファースト・セッション 56年7月2日
ジョー・ゴードン(tp)、ハンク・モブレー(ts)シルヴァー(p)、
ダグ・ワトキンス(b)、ケニー・クラーク(ds)

同セカンド・セッション
ドナルド・バード(tp)、ハンク・モブレー(ts)シルヴァー(p)、
ダグ・ワトキンス(b)、アート・テイラー(ds)

ということになりますが、
セカンド・セッションに至っては
JMから同じアートでブレイキーがテイラーに変わっただけ、
という総とっかえ状態が現出します。

JMは、この後しばらく(『モーニン』まで)
「暗黒時代」ともいわれるトンネルに入ります。
いい作品もあるけれど。

いずれにしても
2か月の間に全員が辞めてしまったわけですが、

シルヴァーの自伝
『Let's Get to the Nitty Gritty』には

Let's Get to the Nitty Gritty: The Autobiography of Horace SilverLet's Get to the Nitty Gritty: The Autobiography of Horace Silver
(2007/08/20)
Horace Silver

商品詳細を見る


「(JM)を辞めたのはメンバーにドラッグが蔓延したからだ」
と明言されています。

ただし
クリーンなのは自分とダグ・ワトキンスだけ、
とも書かれていて、
バードやモブレーが一緒に辞めた理由にはなりません。

自伝の他のところで語っているように、
ブレイキーがギャラを分配しなかったというのが、
もうひとつの大きな理由なのでしょう。

さて、
『シルヴァーズ・ブルー』録音にあたって、
プロデューサーのジョージ・アヴァキャンから、
オリジナルは3曲まで入れてよろしいといわれたので、
準備していた6曲から3曲を選んだ、
とこれも自伝に書かれていますが、

その3曲とは、
M1.シルヴァーズ・ブルー
M2.トゥ・ビート・オア・ノット・トゥ・ビート
M5.(LPだとB面トップ)シャウティン・アウト

ということになります。
しかし
トップを飾るタイトル曲は
シルヴァーらしからぬ「ど」のつくくらいフツ―のブルースで、
本当にこれを自分で選んだのか。
M2.はシルヴァー節ですが。

この4か月後のブルーノート復帰第1作
『シックス・ピーシズ・オブ・シルヴァー』(ブルーノート1539)には
大ヒット「セニョール・ブルース」他オリジナルの名曲が並んでいるが、
うち3曲は「余り曲」だったのか?


ところで、
石原慎太郎『ファンキー・ジャンプ』1959(新潮文庫『完全な遊戯』収録)は、
日本最初のモダン・ジャズ小説と思しき短編ですが、

完全な遊戯 (新潮文庫)完全な遊戯 (新潮文庫)
(2003/08)
石原 慎太郎

商品詳細を見る


主人公の「ファンキーな」日本人ピアニスト松木俊夫(マキー)は
(ドラッグ漬けですが)音楽はシルヴァーを連想させます。

そもそも
小説中で演奏する7曲中はじめの2曲のタイトルが
M1.マキーズ・ブルー
M2.トゥ・スイング・オア・ノット・トゥ・スイング

と『シルヴァーズ・ブルー』に重なります。
1959年、都知事ははやばやと聴いていたのか『シルヴァーズ・ブルー』




スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 1

この時のペンネームは

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑木林進&ぽぽぱんち

Author:雑木林進&ぽぽぱんち
日々の旅人とその番犬たち。
1986年、ジャズ批評誌掲載の「50年代はなぜエライ」「『ジャズ大名』におけるジャズ・フェスティバルの生成」などでスルドくデビュー。2010年より、同誌に編集部新着本全紹介「ジャズは手に取って読め!」連載開始。新ジャズ雑誌「ジャズジャパン」創刊号(2010年8月)より、古今東西ジャズ本紹介「ジャズは本棚に在り」連載開始。
aka 行方均(レコード制作者)
最近の一句;
本積んで/読み齧る人/齧る犬
墨東の/タワーひとりで/たけくらべ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日めくりカレンダー 水玉
くろねこ時計
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
予約宿名人
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
ブログ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。