FC2ブログ

川崎のモントルー・ジャズ祭とDJ大塚広子さんの困ったサムシンエルスなど

第1回モントルー・ジャズ・フェスティヴァル・ジャパン・イン川崎
4日目に行ってきました。
シェネルに会いに行ったのだ。
それとやっぱりモントルーだしね!
ラブ・ソングスラブ・ソングス
(2011/07/20)
シェネル

商品詳細を見る


100万ダウンロード突破!
「ベイビー・アイ・ラヴ・ユー」が大ヒット中のシェネルは
このところよく来日するのですが、
生バンドで歌うことはめったにない。

会場は市の教育文化会館。
当初は川崎市の誇る駅前ミューザ川崎の予定だったが
震災でしばらくは使えなくなっており、
今回は市内各所を会場に使っているのだ。

「ベイビー~」もよかったが
数年前のデビュー曲「ラヴ・イズDJ」もとてもよかったよかった。

シェネルはまったくジャズではないが、
モントルー(1967年初開催)は何10年も前から
ロックやソウルや色々ありなのだ。

僕はディープ・パープルの再結成に出くわしたこともある。
楽器移送用の超巨大なロゴ入りトラックが
レマン湖畔の通りをわがもの顔に走って行ったものです。

モントルーの創始者で主催者のクロード・ノブス氏と再会できたのもよかったよかった。
火曜のレセプションは欠席していたが2日前着いたそうだ。

そのクロード氏がコンサートの終わり、
得意のブルース・ハープ(ハーモニカ)を披露した。
ファンキーというかブルージーというか、実にクール!であった。

そしてクロードを中心に
最後は出演者総出の大ブルース大会で盛上がったのでした。

最初はハーモニカを持った小柄な老人の出現に
不安と不信を隠さなかった同行の人々も、
最後はあれがあったからよかった、さすがのジャズフェスであったと感嘆していました。

モントルー市観光局の役人を経て、
アーメット・アーティガン(アトランティックの創立者)の肝いりで
ワーナー・スイスの創立者ともなったクロード氏のモントルー・ジャズ祭は、
レコード会社にとても親切なジャズ祭です。

放送用の録音の設備を整えた上で
マスター・テープの使用権をレコード会社に解放するので。

「アーティストを誘ってアルプスの麓で夏休みしている間にレコードができる」
とうのは半ば冗談ですが、つまり半ばホントの話です。
結果どれだけのライヴの名盤(ばかりではないが)が生まれたことでしょう。
それらを通じて、いかにモントルーの名が世界に広まったことでしょう。

僕もモントルーではゴンサロ・ルバルカバ、大西順子(一部)の
2作のライヴ盤を制作しましたが、とりわけキューバのピアニスト、
ゴンサロのデビュー作には思い出深いものがあります。
Discovery: Live at MontreuxDiscovery: Live at Montreux
(1991/03/26)
Gonzalo Rubalcaba

商品詳細を見る


当時(今も)アメリカとキューバには国交がなく、
アメリカで録音できず、ブルーノートも契約できず、

そこでブルーノートの日本の姉妹レーベル「サムシンエルス」が契約して、
スイスで録音するという奇策?を考えたわけです。


ところでモントルー川崎の初日と同じ火曜日、
六本木アルフィーで
DJ大塚広子さんの2作のミックスCDの発売記念パーティがありました。

発案者はディスクユニオンの菊田有一さんで、
80~90年代の(今ももちろん続いていますが)
日本の国際的2レーベル、ディスクユニオンのDIW(ディウ)と
僕らのサムシンエルスと、
それぞれ1枚ずつ、人気美女DJ大塚さんに選曲~ミックスしてもらったものです。
The pieces of DIW mixed by Hiroko OtsukaThe pieces of DIW mixed by Hiroko Otsuka
(2011/11/23)
V.A. (MIXED BY HIROKO OTSUKA)、大塚広子 他

商品詳細を見る

The pieces of somethin’else mixed by Hiroko OtsukaThe pieces of somethin’else mixed by Hiroko Otsuka
(2011/11/23)
カート・エリング、ラシェル・フェレル 他

商品詳細を見る

ジャズ極北の最前線に恐れ知らずにも足を踏み入れ、
しかもその地でダンスすらもしかねない赤いディウ盤の超然度に驚嘆しつつ、
僕も大好きなラルフ・ピーターソン「エネミー・ウィズィン」
に始まる(さすがの選曲です)青いサムシンエルス盤もとてもカッコいいぞ。
VV
(1990/10/25)
Ralph Peterson

商品詳細を見る


大塚さんのライナーにこうあります。
・・・しかしカッコイイ曲が本当に多すぎる。魅力ある男性に女性が漏らす、「困ったヒトね・・・」みたいな表現がぴったりのレーベル、とおもいながら、ミックスは続く。・・・
これって素晴らしいではないか。嬉しいフレーズではないか。

ブルーノートのキャッチコピーは
「1939年以来最良のジャズ」だったりするが、
サムシンエルスは「困ったヒトね・・・みたいなレーベル」。
クール!!!ではないか。

あまり嬉しかったので、
大塚さんに嬉しい嬉しいと言い続けましたが、
終いに大塚さんが本当の意味で「困ったヒトね」と思ったことは疑いを入れない。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑木林進&ぽぽぱんち

Author:雑木林進&ぽぽぱんち
日々の旅人とその番犬たち。
1986年、ジャズ批評誌掲載の「50年代はなぜエライ」「『ジャズ大名』におけるジャズ・フェスティバルの生成」などでスルドくデビュー。2010年より、同誌に編集部新着本全紹介「ジャズは手に取って読め!」連載開始。新ジャズ雑誌「ジャズジャパン」創刊号(2010年8月)より、古今東西ジャズ本紹介「ジャズは本棚に在り」連載開始。
aka 行方均(レコード制作者)
最近の一句;
本積んで/読み齧る人/齧る犬
墨東の/タワーひとりで/たけくらべ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
日めくりカレンダー 水玉
くろねこ時計
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
予約宿名人
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
ブログ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード