スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ本の話~『ジャズは本棚に在り』

『ジャズは本棚に在り』はワタクシ(雑木林)が
ジャズ月刊誌『JAZZ JAPAN』に創刊号から連載しているコラムでありまして、
古今東西のジャズ本を勝手気ままに紹介するものであります。

『JJ』誌とともにこのたび2周年~25回目を迎えることができましたのは
ひとえに読者および編集部の皆さまの辛抱と愛情または優しさあればこそであります。

ここにこれまで紹介した本をリストアップさせていただき、
読者および編集者の皆さま、さらにこれらの本の著者および訳者、編者など関係者の皆さまに、
大きな大きな感謝の意を表させていただきたいと思います。

面白い本をありがとうございました

『ジャズ在本棚第1回~26回』
(「ジャズ・ジャパン」誌2010年9月号~2011年11月号)


01.植草甚一スクラップ・ブック12卷『モダン・ジャズの楽しみ』(晶文社1976)
ジャズ入門エッセイ史上の傑作「ジャズを聴いた600時間』収録。

02.粟村政昭『ジャズ・レコード・ブック』(東亜音楽社/音楽の友社1968)
70年代ジャズ・レコード・コレクターのバイブル。

03.ロス・ラッセル著/池央狄訳『バードは生きている』(草思社1975
面白過ぎるのが問題。どこまで伝記でどこからフィクションか?

04.Ross Russell 『The Sound 』(MaCfadden Books 1962)未訳
『バードは生きている』中の名キャラ、ディーン・ベネデッティを生んだ?小説。

05.アラン・ゴールドシャー著/川島文丸訳『ハードバップ大学』(Pヴァイン・ブックス2009)ブレイキー一家=ジャズ・メッセンジャーズの系譜。

06.石原慎太郎『ファンキー・ジャンプ』(新潮文庫「完全な遊戯」所収2003)
ホレス・シルヴァーをモデルにした本格ジャズ小説。↓これに収録。
完全な遊戯 (新潮文庫)完全な遊戯 (新潮文庫)
(2003/08)
石原 慎太郎

商品詳細を見る


07.Horace Silver『Let’s Get to the Nitty Gritty』(Univ.of California Press 2007)未訳ブレイキーのこと、女性のこと、ホレスが誠実かつ赤裸々に語る。
Let's Get to the Nitty Gritty: The Autobiography of Horace SilverLet's Get to the Nitty Gritty: The Autobiography of Horace Silver
(2007/08/20)
Horace Silver

商品詳細を見る


08.季刊ジャズ批評65号『特集アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ』(ジャズ批評社1989)
とてもよくわかるブレイキー本。

09.Frederic Cohen 『Blue Note Records - A Guide for Identifying Original Pressings』 (A Jazz Record Center Publication 2010)
↓その後翻訳がディスクユニオンのDUブックス第1号として登場。
行方均訳『ブルーノート・レコード オリジナル・プレッシング・ガイド』(DUブックス2011)
ブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイドブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイド
(2011/11/16)
フレデリック・コーエン

商品詳細を見る


10.油井正一『ジャズCDベスト・セレクション』(新潮文庫1992)
ジャズ評論の重鎮の進取の気性が生んだ新メディア=CDガイド。

11.スイングジャーナル臨時増刊『幻の名盤読本』(スイングジャーナル社1974)
手に入らない、だから聴きたい、と皆が思った時代があった。

12.ジャック・ケルアック著/青山南訳『オン・ザ・ロード』(河出文庫2010)
アメリカ大陸の「路上」を放浪し、ジョージ・シアリングをバップの神と称えるビート世代の日々。
紙を巻物状にして一気に書いた、という最初のスクロール版も出ている。
スクロール版 オン・ザ・ロードスクロール版 オン・ザ・ロード
(2010/06/11)
ジャック・ケルアック

商品詳細を見る


13.別冊週刊読売『ブルーノートのすべて』(読売新聞社1986)
第1回マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル・ウィズ・ブルーノート公認プログラム。

14.中村とうよう『ポピュラー音楽の世紀』(岩波新書1999)
マホメットの音楽ヌスラットへの道。時にはジャズを俯瞰してみよう。

15.『The Billboard Book of Top 40 Hits- the 9th edition』(Billboard Books 2010)未訳ジャズのシングル盤だって時には大ヒットする。

16.バリィ・ウラノフ著/野口久光訳『ジャズへの道』(新興楽譜出版社1955)
ハードバップ前夜のジャズ界地図。

17.ジャック・ケルアック著/真崎義博訳『地下街の人びと』(新潮文庫1996)
クラブで一緒にチャーリー・パーカーを聴いた暑い晩から始まった痙攣的な恋。
地下街の人びと (新潮文庫)地下街の人びと (新潮文庫)
(1997/03)
ジャック ケルアック

商品詳細を見る


18.Lorraine Gordon 『Alive at the Village Vanguard 』(Hal Leonard Corp.2006)未訳
ブルーノート夫人⇒ヴィレッジ・ヴァンガード夫人の恋は「突然炎の如く」。
Alive at the Village Vanguard: My Life in And Out of Jazz TimeAlive at the Village Vanguard: My Life in And Out of Jazz Time
(2006/10)
Barry Singer、Lorraine Gordon 他

商品詳細を見る


19.Robin D.G.Kelly 『Thelonious Monk - The Life and Time of an American Original 』(Free Press 2009)未訳
ロレインの「ジュールとジム」の物語の始まりも記された最新のモンク伝。

20.ボブ・ワインストック著/古野徹訳『ナッツからスープからナッツからスープへ』(「スイートベイジル」No.6所収1990)
プレスティッジ・レコードの創立者が引退後に書いた「ジャズ・ポルノ」。

21.ジム・コーガン、ウィリアム・クラーク著/奥田裕士訳『レコーディング・スタジオの伝説』
(Pヴァイン・ブックス2009)

キャピトル・スタジオからコロンビアのNY30丁目スタジオ、そしてヴァン・ゲルダー・スタジオ他。

22.マネック・デーバー著/名倉幸江、トニー西島訳『ジャズ・アルバム・カバーズ』(グラフィック社1994)
表紙はギル・メレの書き下ろしイラスト。ブルーノート他数々の名ジャケットも手掛けたテナー奏者。

23.ウィリアム・クラクストン&ペギー・モフィット協力、写真/伊藤高編集『Jazz Seen~カメラが聴いたジャズ』(プチグラ・パブリッシング2002)
トップレスの衝撃を世界に送ったジャズ・カメラマンと後のトップ・モデル。

24.トマス・ピンチョン著/小山太一、佐藤良明訳『V』(国書刊行会1989⇒新潮社2011)
「オーネット」も登場する20世紀アメリカ文学の孤峰。
V. 上V. 上
(1989/07)
トマス・ピンチョン、三宅 卓雄 他

商品詳細を見る

V.〈上〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)V.〈上〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)
(2011/03)
トマス ピンチョン

商品詳細を見る
V.〈下〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)V.〈下〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)
(2011/03)
トマス ピンチョン

商品詳細を見る


25.Richard N.Albert『An Annotated Bibliography of Jazz Fiction and Jazz Fiction Criticism』(Greenwood Press 1996)未訳
直訳すると『ジャズ小説とジャズ小説批評の注釈つき図書目録』。アンソロジー、長編、劇、短編、批評を短い解説とともに紹介。

26.ラズウェル細木『ラズウェル細木のときめきJAZZタイム』(「ジャズ批評」別冊1989⇒ジャズ批評ブックス2010)
読み直す度に最初と同じように笑える。祝手塚治虫文化賞。
ラズウェル細木のときめきJAZZタイム (ジャズ批評ブックス)ラズウェル細木のときめきJAZZタイム (ジャズ批評ブックス)
(2010/08)
ラズウェル細木

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑木林進&ぽぽぱんち

Author:雑木林進&ぽぽぱんち
日々の旅人とその番犬たち。
1986年、ジャズ批評誌掲載の「50年代はなぜエライ」「『ジャズ大名』におけるジャズ・フェスティバルの生成」などでスルドくデビュー。2010年より、同誌に編集部新着本全紹介「ジャズは手に取って読め!」連載開始。新ジャズ雑誌「ジャズジャパン」創刊号(2010年8月)より、古今東西ジャズ本紹介「ジャズは本棚に在り」連載開始。
aka 行方均(レコード制作者)
最近の一句;
本積んで/読み齧る人/齧る犬
墨東の/タワーひとりで/たけくらべ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日めくりカレンダー 水玉
くろねこ時計
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
予約宿名人
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
ブログ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。