スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草のようなテームズを渡ってテイト・モダンでリキテンシュタインを見る

テームズ
遠くにロンドン塔、
右に完成したばかりのヨーロッパ一の高層ビル、ザ・シャード310メートル。
アンテナ外したエッフェル塔より高い。

シティからテイト・モダン側に渡るミレニアム歩道橋の上から下流を見たところ。
右手にテイト・モダン美術館。
2013052415520000.jpg
元バンクサイド発電所で
ピンク・フロイドの豚が飛んだバターシー発電所と同じ人の設計だそうだ。
サー・ジャイルズ・ギルバート・スコット。

右側に新館建築中。
こんな風になるらしい。
2013052415500000.jpg


TM.jpg
2013052415500001.jpg
なんとラッキー、
2月からリキテンシュタインの特設展やってます(5月27日まで)。
左のChoucairはベイルート生まれの20世紀中東の女流で、
この自画像の後急激に前衛化、抽象化した、ようだ。

図録の表紙は「絶望Hopeless」の一部。
レオナルドはモナリザの輪郭を消すのに苦労したが、
リキテンシュタインは女性に(でも何でも)輪郭を見出すのだ。
HL.jpg

無料パンフの後の方。
全部で13部屋のうち10と11。BN.jpg
左の10が80年代完全/不完全の時代で、
ひと筆で書ければ完全なのだ。
右の11は90年代のヌードの時代の「ブルーヌード」、すごくいいですね!
この後最晩年は中国の墨絵的表現と自分のスタイルの融合(または対比)を求める。

NY生まれのリキテンシュタインは1940年代ジャズに傾倒して、
ハーレムや50丁目通ったり、
ピアノ弾いたりクラリネットやフルート吹いたりしたらしいが、
ジャズ描いた作品がないのは残念なことです。
60年代制作の金属のオブジェは楽器のようにも音符のようにも見えますが。




スポンサーサイト

テーマ : ロンドン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑木林進&ぽぽぱんち

Author:雑木林進&ぽぽぱんち
日々の旅人とその番犬たち。
1986年、ジャズ批評誌掲載の「50年代はなぜエライ」「『ジャズ大名』におけるジャズ・フェスティバルの生成」などでスルドくデビュー。2010年より、同誌に編集部新着本全紹介「ジャズは手に取って読め!」連載開始。新ジャズ雑誌「ジャズジャパン」創刊号(2010年8月)より、古今東西ジャズ本紹介「ジャズは本棚に在り」連載開始。
aka 行方均(レコード制作者)
最近の一句;
本積んで/読み齧る人/齧る犬
墨東の/タワーひとりで/たけくらべ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日めくりカレンダー 水玉
くろねこ時計
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
予約宿名人
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
ブログ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。