スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズジャパン連載雑木林進『ジャズは本棚に在り』次で90回

JAZZ JAPAN連載『ジャズは本棚にあり』(from Sept.2010)
by 雑木林進

01 植草甚一スクラップ・ブック12卷『モダン・ジャズの楽しみ』(晶文社2004)
02 粟村政昭『ジャズ・レコード・ブック』(東亜音楽社/音楽之友社1968)
03 ロス・ラッセル著/池央耿訳『バードは生きている』(草思社1975)
04 Ross Russell 『The Sound 』(McFadden Books 1962)
05 アラン・ゴールドシャー著/川島文麿訳『ハードバップ大学』(Pヴァイン・ブックス2009)
06 石原慎太郎『ファンキー・ジャンプ』(新潮文庫「完全な遊戯」所収2003)
07 Horace Silver『Let’s Get to the Nitty Gritty』(Univ. of California Press 2007)
08 季刊ジャズ批評65号『特集アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ』(ジャズ批評社1989)
09 Frederic Cohen『Blue Note Records - A Guide for Identifying Original Pressings』 (A Jazz Record Center Publication 2010)
10 油井正一『ジャズCDベスト・セレクション』(新潮文庫1992)
11 スイングジャーナル臨時増刊『幻の名盤読本』(スイングジャーナル社1974)
12 ジャック・ケルアック著/青山南訳『オン・ザ・ロード』(河出文庫2010)
13 別冊週刊読売『ブルーノートのすべて』(読売新聞社1986)
14 中村とうよう『ポピュラー音楽の世紀』(岩波新書1999)
15『The Billboard Book of Top 40 Hits- the 9th edition』(Billboard Books 2010)
16 バリィ・ウラノフ著/野口久光訳『ジャズへの道』(新興楽譜出版社1955)
17 ジャック・ケルアック/真崎義博訳『地下街の人びと』(新潮文庫1996)
18 Lorraine Gordon 『Alive at the Village Vanguard 』(Hal Leonard Corp.2006)
19 Robin D.G.Kelly 『Thelonious Monk - The Life and Time of an American Original 』(Free Press 2009)
20 ボブ・ワインストック著/古野徹訳『ナッツからスープからナッツからスープへ』(「スイートベイジル」No.6所収1990)
21 ジム・コーガン、ウィリアム・クラーク著/奥田祐士訳『レコーディング・スタジオの伝説』(Pヴァイン・ブックス2009)
22 マネック・デーバー『ジャズ・アルバム・カバーズ』(グラフィック社1994)
23 ウィリアム・クラクストン、ペギー・モフィット写真、協力『Jazz Seen~カメラが聴いたジャズ』(プチグラ・パブリッシング2002)
24 トマス・ピンチョン著/小山太一他訳『V』(新潮社2011)
25 Richard N. Albert編『An Annotated Bibliography of Jazz Fiction and Jazz Fiction Criticism』(Greenwood Press 1996)
26 ラズウェル細木『ときめきJAZZタイム』(ジャズ批評ブックス2010)
27 Richard N. Albert編『From BLUES to BOP – A Collection of Jazz Fiction』(LouisianaStateUniversityPress1990/AnchorBooks1992)
28 エリオット・グレナード著/片岡義男訳『スパロー最後のジャンプ』(Harper’s Magazine 1947)
29 フリオ・コルタサル著/木村榮一訳『追い求める男』(岩波文庫1992)
30 リチャード・クック著/行方均監修『ブルーノート・レコード』(朝日文庫2002)
31 ジョン・ハモンド著/森沢麻里訳『ジャズ・プロデューサーの半生記』(スイングジャーナル社1983)
32 ミシェル・マーサー著/新井崇嗣訳『フットプリンツ』(潮出版社2006)
33 Geoff Gans『Prestige Records』 (Concorde Editions 2009)
34 ピーター・バラカン『ミュージック捜査線』(新潮文庫1993)
35 Ira Gitler『JAZZ MASTERS OF THE 40’S』(Macmillan1966/Da Capo 1984)
36 『決定版プレスティッジ・ブック』(ジャズ批評ブックス2005)
37 『スイングジャーナル1963年9月号』(スイングジャーナル社1963) 」
38 Hugues Panassie『HOT JAZZ : The Guide to Swing Music』(Negro Univ.1970)
39 ジャック・ケルアック著/青山南訳『オン・ザ・ロードスクロール版』(河出書房新社2010)
40 J.C. Thomas『Chasin’ The Trane』(Da Capo 1976)
41 小川隆夫『ブルーノートの真実』(東京キララ社2004)
42 John Chilton『Sidney Bechet – The Wizard of Jazz』(Oxford Univ. 1987)
43 ナット・ヘントフ著/木島始他訳『ボストン・ボーイ』(晶文社1989)
44 ナット・ヘントフ著/木島始訳『ジャズ・カントリー』(晶文社1966)
45 高島弘之『ヒットチャートの魔術師』(紀尾井書房1981)
46 Jeffery S. McMillan『Delightflee-The Life and Music of Lee Morgan』
(未訳/The University of Michigan Press 2008)
47 Vladimir Simosco & Barry Tepperman『ERIC DOLPHY-A Musical Biography & Discography』(Smithonian Institution Press 1974)
48 ルイ・カストロ著/国安真奈訳『ボサノヴァの歴史』(JICC出版局1992)
49 セルジオ・カブラル著/訳・監荒:荒井めぐみ・堀内隆志『ナラ・レオン~美しきボサノヴァのミューズの真実』(Pヴァイン・ブックス2009)
50 Dan Quellette『Bruce Lundvall-Playing by Ear』(Artist Share2014)
51スイングジャーナル臨時増刊『ジャズレコード百科』(スイングジャーナル社1970)
52 Francis Wolff, Jimmy Katz写真『BLUE NOTE PHOTOGRAPH』(独jazzprezzo 2009)
53 Herbie Hancock with Lisa Dickey著『POSSIBILITIES』(Viking Adult 2014)
54 ビリー・ホリデイ&ウィリアム・ダフティ著/油井正一、大橋巨泉訳『奇妙な果実』
(清和書院1957/晶文社1971年)
55 ピート・ハミル著、馬場啓一訳『ザ・ヴォイス~フランク・シナトラの人生』(日之出出版1999)
56 Art Taylor『Notes And Tones』(私家版1977/Perigee1982/Da Capo Press 1993)
57『Pop Including Bird-The Chan Parker Collection』(CHRISTIE’Sオークション・カタログ1994)
58 マックス・ゴードン著/中江昌彦訳『ジャズの巨人とともに……ビレッジ・バンガード』(スイングジャーナル社1982)
59 マイルス・デイヴィス、クインシー・トゥループ著/中山康樹訳『マイルス・デイヴィス自伝』(シンコーミュージック2015/JICC出版局1990)
60 Ben Sidran『Talking Jazz』(Pomegranate Artbooks 1992)
61酒井眞知江『ニューポート・ジャズ・フェスティヴァルはこうして始まった』(講談社 1996)
62ジャズスポット・イントロ開店40周年記念誌『イントロ』(イントロ開店40周年記念誌発行委員会2015
63バリー・アイスラー著/池田真紀子訳『雨の牙』(ソニー・マガジンズ/ヴィレッジ・ブックス2002)
64クルト・リース著/佐藤牧夫訳『レコードの文化史』(音楽の友社ブックス1968/1977)
65ジョン・リトワイラー著/仙名紀訳『オーネット・コールマン~ジャズを変えた男』(ファラオ企画1998)
66植草甚一スクラップ・ブック⑮『マイルスとコルトレーンの日々』(晶文社1977)
67ガンサー・シュラー著/湯川新訳『初期のジャズ~その根源と音楽的発展』(法政大学出版局1996)
68マイケル・オンダーチェ著/畑中佳樹訳『バディ・ボールデンを覚えているか』(新潮社2000)→ジャズジャパン2016年4月号(3月発売)
69ドナルド・M・マーキス『In Search Of BUDDY BOLDEN –FIRST MAN OF JAZZ』(Loisiana State University Press 1976 / Revised edition 2005)
70レナード・フェザー著/沢川進訳『サッチモからマイルスまで~ジャズの巨人たち』(早川書房1976)
71ニール・アスピノール統括/ザ・ビートルズ・クラブ翻訳『THE BEATLES アンソロジー』(リットー・ミュージック2000)
(2916年6月発売号まで)
72クリス・デヴィート編/小川公貴、金成有希訳『ジョン・コルトレーン インタヴューズ』(シンコーミュージック2011)
73エレーナ・ジョビン編『アントニオ・カルロス・ジョビン~ボサノヴァを創った男』(青土社1998)
74ジェイムズ・ギャビン『終わりなき闇~チェット・ベイカーのすべて』(河出2006)
75行方均編著『ブルーノート再入門』(朝日文庫2000/径書房1994)
76 Ted Fox『In The Groove』(未訳1986)アルフレッド・ライオン・インタヴュー収録
77ブライアン・プリーストリー『ジャズ・レコード全歴史』(晶文社1995)
78 Marc Myers『Why Jazz Happened』(未訳2013)←ジャズ史ではなく、77より社会学的なジャズ・レコード史
79行方均編著『名曲・名盤のブルーノート物語~最強のジャズ100年史』(学研2017)
80ジャズ批評193号『ジャズファンが愛するビートルズ&ビートルズ・ジャズ』(ジャズ批評社2016)
81村上春樹編訳『セロニアス・モンクのいた風景』(新潮社2014)
82リロイ・ジョーンズ著『ブルース・ピープル~白いアメリカ、黒い音楽』(平凡社ライブラリー2011)
83青木啓、海野弘『ジャズ・スタンダード100』(新潮文庫1988)
84村尾陸男『ジャズ史大全・別巻アーヴィング・バーリン編』(中央アート出版2000)85ポール・クレシュ著/鈴木晶訳『アメリカン・ラプソディ~ガーシュウィンの生涯』(晶文社1989)
86 Larry Reni Thomas『The Lady Who Shot Lee Morgan』(未訳2014)
87パオロ・パリージ絵と文/石原有佐子訳『ビリー・ホリデイ~レディ・デイのためのブルース』(Pヴァイン/2017年9月29日初版)
88児山紀芳他監修/岡山市美術博物館他編集『ジャズの街角(パートⅠ~Ⅲ)』(岡山市美術博物館1996、98、2001)
89阿部克自『パーカーの子守歌』(シンコーミュージック1994)
90
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑木林進&ぽぽぱんち

Author:雑木林進&ぽぽぱんち
日々の旅人とその番犬たち。
1986年、ジャズ批評誌掲載の「50年代はなぜエライ」「『ジャズ大名』におけるジャズ・フェスティバルの生成」などでスルドくデビュー。2010年より、同誌に編集部新着本全紹介「ジャズは手に取って読め!」連載開始。新ジャズ雑誌「ジャズジャパン」創刊号(2010年8月)より、古今東西ジャズ本紹介「ジャズは本棚に在り」連載開始。
aka 行方均(レコード制作者)
最近の一句;
本積んで/読み齧る人/齧る犬
墨東の/タワーひとりで/たけくらべ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日めくりカレンダー 水玉
くろねこ時計
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
予約宿名人
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
ブログ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。